矯正歯科orthodontics

大人になってからでも間に合う矯正歯科

不正咬合のデメリット

不正咬合(ふせいこうごう)とは、歯並びが乱れていることを意味します。「出っ歯」「受け口」「八重歯」などは不正咬合の1種です。不正咬合が生じると、以下のようなデメリットが想定されます。

不正咬合のデメリット

  • 見た目に劣等感、コンプレックスを持ちやすい
  • 噛み合わせが悪いことで体の歪みにつながる
  • 歯ブラシが届きにくくなり、虫歯や歯周病を起こしやすい
  • 食べ物の咀嚼に影響を及ぼす
  • 発音に影響を及ぼす
  • 顎関節症など、顎の病気につながる など

このような状況を改善するために、歯科医院では「矯正歯科」といって、歯並びの改善を促す治療が行われます。矯正治療は大人でも子どもでも行うことができ、発達段階に応じて治療方法が異なります。

成人矯正

成人矯正は、およそ2〜3年の治療期間を要します。ご自身の意志ではじめられる方が多く、長年のコンプレックスを解消できるなど、前向きな気持ちでスタートできることが特徴です。

より目立ちにくい矯正歯科を目指して

矯正歯科の方法はその人の歯並びの特徴に応じて大きく変わります。顎のサイズや歯のサイズに応じて、必要であれば抜歯を行うこともあります。

矯正歯科といえば、歯1本1本の表面に「ブラケット」と呼ばれる装置を取り付け、金属のワイヤーで位置を固定する方法をイメージする方が多いと思いますが、そのほかにもブラケットを歯の裏側に装着する方法や、透明なマウスピースを用いる方法など、目立ちにくい治療方法が続々と登場しています。当院では、可能な限り目立ちにくい矯正器具を使用するよう心がけています。

小児矯正

小児矯正は乳歯期や乳歯と永久歯が混在している時期に行います。大人の矯正歯科と比較すると治療期間が短く、およそ1〜1年半ほどで整えられます。

治療の際は顎の骨や筋肉などが未発達であることを生かし、顎を拡張して正しく生えるスペースを確保します。永久歯が生えそろった際に、正しい噛み合わせを作ることが大きな目的となります。

小児矯正を行うタイミング

小児矯正は、乳歯と永久歯が混在している6〜7歳頃と、永久歯が生えそろった10歳前後の2期に分かれ、それぞれできることが異なります。乳歯が残っている6〜7歳の段階では、顎の骨を拡大するなど骨格全体に働きかけることで、永久歯が正しく生えてこられる土台を作ります。また、歯並び悪化につながるような癖や病気を発見・治療することもできます。

永久歯が生えそろった10歳前後では、大人の矯正歯科に使用する器具を用いることもでき、歯並びそのものを整え、健康な骨格の発達を助長するほか、ご自身のコンプレックス解消にもつながります。

  • 医院ブログ BLOG
  • 求人案内

お問い合わせ CONTACT

お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ

  • TEL 0465-20-0160
  • 24時間WEB予約
  • お問い合わせ